病院(産婦人科)で受ける不妊治療(人工授精など)

new entry

category

新着情報

2013/10/15
人工授精を更新しました
2013/10/15
減少を更新しました
2014/01/22
顕微授精を更新しました
2014/02/05
体外受精を更新しました

産婦人科

sanhujinka

産婦人科とは、女性のための病院です。
女性に特有の疾患や症状、または妊娠や出産に対して、有効な治療を施すために設立されました。
日本では従来、女性の妊娠、出産を手助けする役割を産婆が中心的に担っており、その分野での医療技術の発展が遅れた経緯があります。
分娩監視装置が開発されるに至って、産婆の役割が次第に産婦人科の医師や助産師に変わり、現在もそのまま続いています。

現在の日本では、助産行為を行うことができるのは医師、または助産師となっています。
また、助産師が単独で行うことができる助産行為は、正常な形での出産のみであり、異常が見られる場合の出産に関しては医師の判断、担当が必要です。

妊娠・出産

ninshin

産婦人科は女性の妊娠や出産をサポートする役割を担っています。

出産・妊娠に関する知識を提供したり、カウンセリングなどを講じて妊娠・出産に向けての妊婦の気持ちを理解したりと、精神的な面での支えとなっています。
胎内にいる胎児の姿を、出産前に確認することができる超音波検査装置などの設備もあります。

妊娠中・出産前だけではなく、出産後の育児に関する情報の提供やサポートなども行っています。

不妊治療/h3>

産婦人科では、子供を授かることが難しい夫婦のための不妊治療も行っています。

不妊に至る原因は様々で、その原因の特定も産婦人科の担当分野となっています。
不妊原因によって様々な治療法が採択されます。
不妊治療には幾つかのステップがあり、初期のステップでは生殖行為に適したタイミングを図るタイミング法が、中期から後期にかけては人工授精が行われます。